【悩みから逃げ切る】悩みを断ち切る勇気を持て!逃げることのメリットも

悩みから逃げ切って断ち切る

# #

メンタルに関するおすすめ本

悩みがあって困っています。さてどうしたら良いのか。ひとつの選択肢として「逃げ切る」ことをおすすめしています。

本当に逃げて良いのか、逃げるメリットにも触れていきます。

悩みから逃げ切って断ち切る

悩みから逃げ切って断ち切る

結論からいうと悩みには逃げるべきです。正しく言うならば逃げ切るべき。面と向かって何とか解決しようとするのではなく、そもそも向き合わない。そしてそこから立ち去って、その悩みを断ち切る。これが気持ちよく生活するコツです。

すべての悩みにちゃんと向き合って何とか解決しようとする人は真面目な人でしょう。これまでたくさんのことを解決してきたと思いますが、それは本質的にあなたの人生を良くしたでしょうか?もし「はい」と答える人は本当にその自負があるのか、もしくはそう思いたいだけのどちらかです。

「悩まない」だけで「悩み」がなくなるロジック

悩みを悩まないで良くなるように向き合って自分の力で解決するべき、と信じている人はちょっと考え方を変えてみるのをおすすめします。

なぜ逃げても良いのか

そもそも、その悩みは誰のものでしょうか?もちろん私の悩みです!と言い切る人がほとんどでしょうが、本当にそうなのかちょっと考えてみましょう。

これを読めばより理解できます

例えば容姿で悩んでいて、「周りから変な風に思われていないか気になってしょうがない」という悩みを例に上げます。あなたのが容姿がどうであれ、それをどう思うかは周りの人次第です。良いと思う人もいれば、変だなと思う人もいて千差万別。それはあなたが制御できるわけではありません。

つまり、この課題はあなた自身のものではなく周りの人のものです。もちろんなるべく良く思われるよう努力をすることはできます。しかし最終的にどう判断するかは、周りの大勢の人達次第なのです。ここについてどれだけ悩もうが意味がありません。

おすすめの本

こういった他者の課題を自分の悩みとしてしまっている人は多いです。自分と他者の課題をきちんと分離すること、自分で悩むべき範囲を正しく認識することが重要です。そしてそれらについても真正面から対峙するのではなく、ときには向き合わないで別の次元へずらしていくことが大切なのです。

自分が変われば問題解決の近道?相手に影響を与える方法

逃げた先にも人生はある

逃げた先にも人生はある

ある悩みがあったとして、その元凶になるものから逃げることにしたとします。この「元凶」は各々が今抱えているものを少し想像してみてください。

じゃあ逃げた先には何があるのか。単純にまた別の人生が存在するだけです。そこに悩みはまったくないかというとそんなことはありません。きっとそこにはそこなりの悩みがあります。じゃあ逃げるのは意味がないかというとそうではないのです。

おすすめの本

悩みは分解して他力で解決すべき

例えばここに10本のストローがあります。ほとんどは折れていたり穴が空いていたりして上手くジュースを飲めそうにありません。あなたは1本目のストローを使ってジュースを飲もうとしましたが何だかダメそうな感じです。その1本のストローを何とか直して飲もうとする人と、諦めてすぐ次のストローを試す人、どちらが賢明でしょうか?

このストローの話だと、ストローは有限ですが人生は無限です。自分の選択の数だけ生き方が存在します。

そんな人生のひとつめの悩みに永遠と付き合っているよりかは、次のあり方を模索すること。こういう考え方があっても良いと思いませんか?

こちらもぜひ読んでみて下さい

未来への扉を開くお金の使い方

悩みの元と私の人生

悩みの元になる他者や状況というのは、偶然あなたの元へやってきただけです。そこに深い意味や繋がりはほぼありません。しかし人間はそこに縁を感じてしまったり運命だと認識してタスク化します。ここはもうちょっとドライに一歩引いて考えるべきだと私は思います。

悩みから逃げた先の人生へ

これがなくても私には別の人生がある。だからこの悩みからは逃げ切ることで、この悩みを断ち切って次へ行く。こういった選択肢を常に持っていると、もうちょっと楽に生きることができそうじゃありませんか?

脳で悩んでもしょうがない?体と環境が生み出す衝撃の内容

目の前のものは手放して、可能性に生きる。こういった身軽な人こそが幸せを手に入れやすいのではないかと、私は考えています。目の前のことにとことん付き合うのは真面目な人です。もうちょっと適当さを取り入れて可能性に生きてみませんか?そちらの方が案外気楽に、そして簡単に幸せを掴めるかもしれませんよ。

ぜひ読んで欲しい本

Twitter(@ich_du9)やってます。
記事の更新情報やエッセンスなどを日々更新中。



ラクに生きるおすすめ本

新着記事

関連するおすすめ記事

久(Hisashi)

悩み解決のスペシャリスト。「生きること」に答えを探し求めて楽に生きるには、「幸せ」「働く」「お金」「生活」「メンタル」「習慣」この6つが重要だという結論に達しました。これらの知識を得てバランス良く使えば、「生きること」のだいたいの悩みは解消するのではと思っています。

詳しいプロフィール



よく読まれている記事