【初期投資のない事業を起こす】ビジネス初心者必見。スモールビジネスのススメ

ビジネス初心者必見。スモールビジネスのススメ

# #

働くに関するおすすめ本

大きく稼ぎたい。そう思ったとき、この社会では「雇用者」のままでは難しいという現実があります。

大きく稼ぐために手っ取り早いのが自分でビジネスを始めることです。そこで大切なのが「初期投資をかけないスモールビジネス」にすること。ここでは事業において初期投資がないことの大切さやメリットについて語ります。

事業に初期投資はかけてはいけない

自分でお店を開いたり、何かサービスを考えて提供しようとした際、それが成功する確率は定かではないです。どれだけシミュレーションしても時代の流れや立地、様々な条件により不確実な要素が多々あります。

よって失敗しても問題ない規模で始めること。これがとても重要になってきます。

ある程度起業や事業経営に長けている人は過去いくつもの失敗を経験しています。つまり事業というのは失敗を重ねて、その中から成功体験を積み重ねたり、偶然上手く行ったものを軌道修正しながら伸ばして成功させているという例がほとんどです。

もしあなたがこれから何か自分で事業を起こして大きく稼いでやろうと考えているなら、まずは失敗することを前提とし、初期投資をかけないでいかに始めるかを考えて下さいね。

ビジネスは初めは小さく、段々大きく

ビジネスは初めは小さく、段々大きく

ビジネスを始めたい人は大きな野心があると思います。しかしその野心で成し遂げたいことは、分解していくとだいたい小さなアクションの積み重ねです。

どれだけ大きな野心を抱いてもいきなり実現するのは難しいです。社会に向けて提供したいことを分解していって、ただひとりの人に対して何が行えるか考えてみる。そしてそれをお金をかけずに提供する方法を考える。ビジネスというのは往々にしてそういった小さなサービスから始めるので良いのです。

そしてそういったサービスが人に受け入れられることが肌で感じられたら、少しずつ大きくしていけば良いのです。

ちゃんとニーズがあること、満足してもらえること、それらがあって初めて大多数の人に受け入れられる素地ができたといっても過言ではないでしょう。

スモールビジネスのメリット

小さく始めるスモールビジネスにはいくつかメリットがあります。

ひとつはトライアンドエラーが簡単に行いやすいことです。スモールビジネスは実際に提供して感じたことや得られたことをフィードバックしやすいメリットがあります。初期投資をそれほどかけていなければ機器の入れ替えやサービス提供の設備の在り方もフレキシブルに変化させることが可能です。

また当初考えていた内容よりもやってみて感じることを優先させたら、別の形態のほうが良いこともよくあります。

やりながら考える、やりながら変化させる。こういったことが新事業には重要で、いかにこのフィードバックを早くして満足してもらえる形態にたどり着くかが成功の鍵です。

そのためには体制を柔軟に変化させられる余裕を持つことが重要です。そのためにも初期投資は抑えてリスクを最小限に留めることが求められます。

事業の変化、時代の流れに投資する

事業の変化、時代の流れに投資する

あのアマゾンは初めは本だけを扱っていました。しかし需要が本だけではないことに気付き今では生活のインフラのように発展しています。初めに構想した事業展開どおりに行かなくても、求められているものをきちんとキャッチしてそれを事業内容に反映させる力があればビジネスはどんどん大きくなっていきます。

お金をかけるべきところというのはこういったリサーチと柔軟性に対してであり、頭の中で描いた構図を初めから完全に実現させることではありません。

よく自分のお店を持ちたいという人は自分の理想のお店を形にすることだけに注力してしまって、完成してみたら需要がなく固定費だけがかさんで閉店というパターンがよくあります。その後の運営方法、ランニングコストや長期の展望が欠けているわけですね。

もし自分のお店やサービスを形にすることだけが重要なのであればそれでも良いですが、形にして稼ぐこと、それを大きくしていくことに重きを置いているのであれば小さく始める、そしてテストすることを忘れないで下さい。

事業を成功させる秘訣とマインド

初めから上手くいく人なんていません。失敗する確率のほうが高いでしょう。それでも挑戦した人には失敗という経験が得られ、その経験から学んだことは自分の身に染みるような体験として備わります。

5回起業してそのうちの1つでも成功すれば、良い方です。一度でも成功できれば、ただ雇用者でいたときよりも大きくお金が手に入って自分の見たかった世界が見えているはずです。

失敗して当たり前、そして自分の見たかった景色を見るためのゲームだと思えば何も怖いものはありません。スモールビジネスから初めてみる。誰にでもチャンスはあります。あとはやるか、やらないかだけです。

Twitter(@ich_du9)やってます。
記事の更新情報やエッセンスなどを日々更新中。



ラクに生きるおすすめ本

新着記事

関連するおすすめ記事

久(Hisashi)

「生きること」に悩み続け答えを探し求めた私。楽に生きるには、「幸せ」「働く」「お金」「生活」「メンタル」「習慣」この6つが重要だという結論に達しました。これらの知識を得てバランス良く使えば、「生きること」のだいたいの悩みは解消するのではと思っています。

詳しいプロフィール



よく読まれている記事